及膨箪悶麼匈 > 咄赤 > 袁元失述

匯云祇

處蟹: 嗔何屎繁

恬簡

恬爆

廨辞にんじん

竃侃

竃瞳嗔何屎繁

竃井118359

梧簡

ふと瘁をふり卦ると
そこには櫓けがありました
云輝に採定ぶりのこと
そこには櫓けがありました

あれからどの了たったのか
あれからどの了たったのか

ひとつ怎を未み竃すごとに
唹は瘁に阜びていきます
丑しい蕎ははるかな今を半め
書晩も匯晩がKろうとしています
しんせい匯箏屬厘使佞
峺でひねってごみ笋琳

Wは書 唖恃ヶ紅のkに羨ち
を棋っているところ
採もなかった並にしましょうと
書晩も晩が頂れました
あc嶄刹よ腎をwんで
あの弟の俟に融き缶され

どこへ佩くのかこの匯云祇
廉も|もわからない
佩けども佩けども岑らぬ瞬で
これが|奨というものかしら
たずねてみてもlも基えちゃくれない
だからWももうかないよ

お徨のすきgからのぞいてみると
そこには侑せがありました
侑せはホッペタを篠せあって
屈繁お焼をのんでました
そのr埖がしかけます
もうすぐ匚が苧けますよ
咄赤兆嫋彿坿

娼科泣得